NEWS

[チャン通]制作日誌

新作を作るということはとても大切だし
避けて通れないと思っているのですが
新しい素材・切口でカタチを仕上げていくのは
果てしなく感じ場合が多々ありまして。
パワーと時間がとても必要だったりします。

一方新作ばかりに気を取られていると
以前作った商品が自分の中で
どんどん遠いものになっていくような、
寂しい感じもありました。

先日の出来事。
「横顔ピアスのイヤリング版はありませんか?」
とお問い合わせをいただいたのですが
「デザインの特性上難しいかもしれませんが
何か良い方法が見つかれば作れるかもしれません」
と返信させていただいた事がありました。

実は以前よりちょこちょこと同じ内容の
お問い合わせをいただいており、
その度に不甲斐ない思いをしていたので
何か解決策は無いものか、と考えたところ
頭の部分をノンホールピアスの
カタチにしてしまうという方法を
思いつき、実際作ってみると
着用感がピアスと遜色ない
イヤリングが完成。
あったらいいな、の声に向き合うことは
改善のヒントがあるのだと
改めて思ったのでした。
何で今まで気がつかなかったのだろう。
でも、今だから
気がつけたのかもしれない。

自分が数年前に作ったものでも
改めて向き合うことで
当時気がつけなかったアイデアを
思いついたり、それらを改善すること、
常にメンテナンスして鮮度を保つことは
実は新作を作る事と同じくらい
大切なのではと思うようになりました。

真新しいものを作るのがしんどい時。
自分のアーカイブを振り返ってみるのも
悪く無いし、そこには
これからのヒントが隠されているかも
という話でした。